ケノン ひげ


一番良いと思う家庭用脱毛器はケノン(kenon)です。
ケノンは、最新型のフラッシュ脱毛器で、脱毛サロンの脱毛器と 同等の性能があり、美容外科医も推薦しています。

 

ひとつ前のモデルのイーモリジュ (emo Rejyu)もネット通販のランキングで1位を独走していたのですが、

 

最新モデルのケノンが発売されてから、家電ランキングでずっと1位になっている売れ筋の脱毛器です。

 

今回のケノンで一番うれしいのは、脱毛の出力が国内のフラッシュタイプの脱毛器ではNo1になったことです。
ひげというのは、他の毛よりも濃いですから、出力がある方が脱毛には 有利です。

 

たぶん、ひげの濃さによるのだと思うのですが、僕の場合は、一回使っただけで、あごの辺りがすべすべ してこんなに違うのかと感動しました♪

僕はひげの脱毛のために買ったのですが、照射面積が広く、照射スピードも 最速なので、すね毛や腕の毛の脱毛に役立っています^^

 

ケノン(kenon)を買った人の43%が男性というのは、簡単にしっかりと 脱毛できるという点が支持されているのかなと個人的には思います。

 

イーモリジュの時もよいと思った、指毛の脱毛もより簡単になりました。 ビジネスマンなら、名刺交換や携帯を持つ手を女性や取引先から見られているので、 きっちり脱毛しておいた方が良いと思いますね。

 

1照射0.023円で、16万発発照射できるのでランニングコストもよく全身30カ所の脱毛ができます

 

男女兼用なので、彼女や奥さんにプレゼントしたふりをして自分で使うというやり方(?)もよいと思います 美顔器としても売れている商品なので、女性は喜びますよ〜。

 

公式ページには、その他のケノンの改良点や使った人の感想などが 紹介されているので気になる方は一度見てみると良いと思います。

 

価格:89000円(1年間のメーカー保証、送料無料)
分割払い:月々3000円〜

 

ひげ脱毛でかかる期間について

ひげ脱毛の施術に要する期間は、個人差にもよりますが、半年〜1年はかかるとご理解ください。レーザーによるひげ脱毛は、毛根部の細胞を焼くことにより破壊することで発毛を抑えるのですが、ひげの細胞は、活動中の細胞と休眠中の細胞があり、一度手術をしてひげの細胞を破壊したとしても、休眠中の細胞があり、その細胞が活性化してくるのだそうです。

 

それにより一度レーザーを当ててから、次の休眠細胞が活性化してくる期間は治療をすることができません。毛の生え変わる周期にそって、レーザー照射は4週間以上のブランク期間を設けなければなりません。

 

従いまして1ヶ月に一度の照射を何度も繰り返し、少しずつヒゲが薄れていくというものです。ネットでひげ脱毛を施術した方の体験などを見ますと、3回〜15回と大きな差が生じます。これは、完全に個人差によるもの(ひげの濃い薄いなど)と脱毛方法によるものです。脱毛方法がニードル脱毛などの場合には、期間が少なくて済む場合もあります。

 

月に1回は施術を受けると仮定すれば、15回も通うというのは、1年以上かかるということになりますね。頻繁にクリニックやエステに通えない方はかなり、面倒なことなので、敢えて永久脱毛を目指さずに、ご自宅で利用できるケノンのような脱毛器を利用することも考慮に入れた方がよろしいと思います。こうして考えてみますと、ひげ以外の部分の脱毛よりひげ脱毛はかなり、費用と時間がかかりそうですね。

 

ただ、何回か脱毛を繰り返していくと、ひげ自体は薄くなってくるので、朝の髭剃りなどの手間は格段に楽になりますよ。

 

 

 

男性脱毛器ランキングはこちら